​ニュース/トピックス

NEWS/TOPICS

22/3/17

イベント

NFIシンポジウム:医療情報をもっと活用しよう! 〜利活用を可能にする個人情報保護のあり方をめざして〜

【開催要項】
1. 日 時  2022年3月17日(木)15:00〜18:30
2. 会 場  オンライン開催(WebEX)
3. 主 催  一般社団法人 次世代基盤政策研究所(NFI)
後 援 一般財団法人 情報法制研究所(JILIS)
4. 参加費  NFI会員・後援団体:無料、一般:1,000円、メディア:無料
     (要事前登録・無料参加にはクーポンコードが必要です。)
5. その他  登録は「こくちーず」より     
      メディア参加をご希望の方はNFI事務局(contact@nfi-japan.org)までご連絡ください。折り返し、クーポンコードをお知らせします。

【開催趣旨】
メインテーマ:医療情報をもっと活用しよう! 〜利活用を可能にする個人情報保護のあり方をめざして〜

コロナ禍を経験して、われわれは医療情報の重要性を改めて認識しました。感染のリスクにせよ、重症化の可能性にせよ、またワクチンの有効性や副反応にしても、幅広く正確な情報を収集し、その解析結果を早く知らせることが重要です。
わが国では、これまでも医療分野におけるデジタル化が推進されてきましたが、まだ先進諸国に比べると遅れています。その原因は、データを収集し、利活用するためのシステム、とくにその標準化が遅れていることと、個人情報保護の制度とその運用が、効果的な利活用の制約となっていることです。
個人のプライバシーを保護しつつ、国の貴重な情報資源である医療情報を利活用し、治療現場における医療の質を高め、医薬品や医療機器の開発を推進するためには、医療情報の性質に即したデータの収集、管理の仕組みを作ることが急務です。とくに、コロナ治療薬等において、新薬の迅速な開発が世界的な課題となっているおり、それに資するようなデータ利活用のための制度を設ける必要があるといえるでしょう。
このシンポジウムでは、このような課題について、今回はとくに新薬開発のために必要な医療データ利活用の制度とはどのようなものか、それにはどのような課題を解決しなければならないか、個人情報保護の問題に焦点を当てつつ、議論したいと考えております。