Original on Transparent.png

​最新情報

What's new

22/5/24

NFIセミナー:ヘルスデータ活用最前線 欧州のデータスペース構想にどう対応するか?

イベント

21/12/4

デジタル化を叫ぶのに書類集めを強いるシステムを作るのはなぜか

JBpress

22/5/5

ついに動き出した欧州のデータスペース構想~European Health Data Spaceの設立~

note

22/3/10

東日本大震災から11年、次世代基盤政策に何が求められているのか

note

22/4/10

「NFIからの提言」更新
医療情報の利活用に関する法制度についての提言

NFIからの提言

NFIの目的

Purpose

少子高齢化と人口減少が進むわが国の社会の質を維持し、さらに発展させるためには、データの活用による効率的な社会運営が不可欠だ。一方で、データ活用のリスクにも対応した制度基盤の構築も早急に求められている。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大によって、これまでの経済、社会のあり方は大きく変わろうとしている。その中で、日本が抱える課題をどのように解決していくべきか。データを活用した政策形成の手法を研究するNFI(Next Generation Fundamental Policy Research Institute、次世代基盤政策研究所)に集う専門家が、この国のあるべき未来図を論じる。​

internet-3589685_1920.jpg

​代表理事挨拶

 2022年も早3月になりました。年初から今日までの間に、コロナ感染症の第6波が襲来し、これまでになく感染者が増加しました。しかし、重症化率は低く、幸いにも危機的な医療崩壊には至りませんでしたが、新たな状況への対応に追われることになりました。

 そして、コロナ禍の拡大がやや低下したとき、起こったのが、ロシアのウクライナ侵攻です。第二次大戦後初めての大規模な戦争であり、21世紀に入って、大国によるこのような理不尽な侵略戦争が起こるのかと驚きと失望を禁じえません。

 いずれにせよ、コロナ禍はもとより、この戦争によって、世界が大きく変わることはまちがいありません。これからは、人類がこれまで経験したことのない社会になることでしょう。社会生活にせよ、経済活動にせよ、安全保障にせよ、これまでとは異なる新たな制度、社会の仕組みを形成していかなければ、将来の不安は取り除くことができません。

 このような将来の未知の社会における制度をデザインすることこそ、NFIがめざしている活動ですが、現実の変化は、研究活動が成果を生み出す速度より、はるかに早いといわざるをえません。

 とくにロシアのウクライナ侵攻後、SNSを使った情報発信力の重要性を改めて感じます。草の根の一市民が匿名で全世界に発信できるSNSは、侵略者に対する強力な抵抗の“武器”となりうることを示した。しかし、同時に、この抵抗の武器は、無辜の民を傷つける“凶器”としても使うことができるのです。

 健全な民主主義を育成していくために、このツールがもつリスクを避けつつ、メリットを引き出していくには、どのようにすればよいのか。社会において、どのような規範やそれを実行する制度が必要なのか。NFIは、今まで以上に、このような課題に挑戦しその成果を発信していきたいと考えています。議論への積極的なご参加を期待しています。

2022年3月9日 森田 朗(NFI代表理事)

個人情報の利用目的

NFIが取得した個人情報は、NFIの運営に必要な範囲で利用するほか、NFIが関連する研究会やシンポジウム等のご案内のために取り扱わせていただきます。

タッチパッド上のデータ

​お問い合わせ

Contact

ご希望の会員区分

送信が完了しました。